女性のキャッシング

総量規制の対象と対象外

年収の3分の1以上の借り入れは例外を除いて不可能な総量規制

キャッシングをする上でぜひ知っておきたいことは総量規制のことです。総量規制というのは、返済能力をチェックして、借りる人がつい借りすぎて返しきれなくなるというようなことを防ぐための法律です。具体的にどのように借り過ぎを防ぐのかというと、借りる金額に制限をかけるのです。

 

借りることのできる金額は、借りる人の前年度の年収の3分の1以下と定められています。それは1社から借りた金額ではなく、総合して借りた金額すべてのことです。複数社から借りている人は、「どうして自分がほかの会社からも借りていることがわかるのだろう?」と不思議になりますよね。それは、金融会社は指定信用情報機関というところを利用していて、その機関には、住所、名前、借入金額や延滞情報などが載っています。そして、新たに申し込みがあった場合、その情報を必ず照会するからです。

 

この総量規制ですが、適応されるのは貸金業者のみなのです。ただし、対象外になる貸付もあって、借り換えや、おまとめローンなどの場合は、顧客に一方的に有利になる借換えにあたるので、消費者金融から借り入れる場合でも、年収の3分の1を超える借り入れも可能です。また、貸金業者にはあたらない銀行のキャッシングも総量規制の対象になりません。

 

そういった総量規制の特性を利用して顧客の拡大につなげているのが銀行のキャッシングなのです。貸金業者ではないのである程度は自由な貸し付けが出来るので、限度額や金利面でも消費者金融よりも良い条件となっていることが多いです。大きな限度額と低い金利を生かして消費者金融の利用者を囲い込む「おまとめローン」も銀行がメインで行なっているため、複数借り入れを抱えてしまった方はおまとめで一本化の借り方も考えてみると良いでしょう。

 

おまとめローンは消費者金融で利用をすると店舗への来店が必要となる場合が多いので、おまとめローンを大手のアコムで借りるとするなら、店舗となるアコム池袋西口支店まで足を運びましょう。